株取引がしてみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリーナイト ソウルケイジ 意味

ストロベリーナイト ソウルケイジ 意味がやっと、判りましたね。
やっぱり、ソウルケイジって、3話でやらなきゃだめだったんだね。

でも、なんか問題が満載で、同時並行で進むもんだから、
非常に判りにくかったと思いませんか?
私、もう一度、ストロベリーナイト ソウルケイジの原作を見直します。

      ★★ 【書籍】姫川玲子シリーズ セット (全5冊) ★★

まあ、一応。
ソウルケイジの意味が判ったんで、書いておきますと。
ソウルケイジ = 「魂の檻」って事だよね。

3人の男として生きなきゃならなかった高岡。
その男の中に閉じ込められた、本当の高岡の魂。
「守ってやれるだろうか。この俺に。」  深いですね・・・

もうひとつの意味は、姫川の「刑事魂」ってことかな?
ラストの、高岡の居場所をひらめいた姫川、いかんなく刑事魂を発揮しました。
バラバラになったジグソーパズル、最後のピースがカッチリハマったんですね。

ストロベリーナイト ソウルケイジ、泣けました。




スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ストロベリーナイト ソウルケイジ 意味 姫川 原作

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。